モンドセレクション代行会社とは?選択するときに留意する点は?

 

モンドセレクションという言葉はよく聞く名称で、お菓子や缶コーヒーなどにメダル絵柄が商品に掲載され、金賞受賞とか銀賞受賞などと書かれています。よく聞く名称ではありますが、実際どのような機関が審査し表彰を行っているのでしょうか。

 

モンドセレクションの本部はベルギーにあり、年に1度審査が開催されています。対象は食品・飲料・アルコールなどで、化粧品も対象に含まれるようです。お土産屋さんに行くと、ときどき受賞した商品に誇らしげにマークが載っていて、他の商品とは差別化され、実際売れ行きが良くなるようです。そのためモンドセレクションに出品するメーカーは大変多いのです。

 

しかし実際に出品するにあたっては、モンドセレクションサイトから申込み、必要な書類や対象製品を送付するのですが、この提出書類は英語かフランス語で書かないといけません。出品する数に制限はありませんが、応募製品ごとに商品説明や成分表を書かなければなりませんから、大変な作業となります。

 

モンドセレクション申請代行サービスって?

 

こんな大変そうな作業が必要なのに、日本の製品がよく受賞していることは少し不思議に感じます。これには訳があり、日本にはモンドセレクション申請代行サービスの存在があり、この便利な機関を通すと出品が容易という事情があるようです。

 

日本では海外の審査機関から受賞したものについては、より商品価値が高まる傾向がありますから、その費用がかかっても元が取れることが多いというメーカーの思惑もありそうです。

 

現在モンドセレクションの申請代行を行っている会社は幾つかあり、それぞれの特長があります。もし自社製品をモンドセレクションに出品する際は、費用や翻訳レベル、資料作成能力などを十分検討して依頼することが必要で、長い経歴や経験深度の高いところにお願いすることが重要になります。

 

どのような資料を用意すれば受賞できる確率が高まるかなどは、経験豊富な会社が有利であると考えられるからです。また海外配送なども代行してもらえるなら、より有益な代行会社であると言えます。

 

 

コメントを残す