早めに対処しておきたい!ニキビ初期段階の黒ニキビの原因と治し方

471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s

ニキビとは、毛穴が古い角質や皮脂に詰まることで起きる皮膚の炎症性疾患になります。

ニキビと一言でいっても様々な種類がありますが、初期段階の炎症が起こっていない黒ニキビの段階で治すことによって皮膚へのダメージが少なくて済みます。

ニキビの原因としては、ホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンが多くなり、皮脂が過剰分泌しやすくなったり毛穴が収縮して角栓の発生が促されることで引き起こされます。

 

初期段階である黒ニキビは、角栓によって詰まった毛穴の内部に皮脂が溜まって皮脂が毛穴に収まりきらずに皮膚表面に皮脂が出た状態になります。皮脂は空気に触れることで酸化し、黒く変色していきます。それが黒ニキビという状態です。

この時点では炎症が起こっていないため特に痛みなどの症状がないとされています。きちんとこの段階で治療できれば跡になることもないと考えられます。悪化してしまい炎症が起こると赤く腫れ上がるだけではなく、毛穴が破れてしまうと皮膚の奥深くまで傷つき跡になってしまいます。

セルフケアとしては、肌のターンオーバーを促すためにビタミンB2やバリア機能を強化することが期待出来るビタミンB6、コラーゲンを生成する効果があり抗酸化作用の高いビタミンCの入ったサプリメントで内側からケアをしながら、たっぷりの泡で優しく洗顔していくのと同時に、セラミドなどの保湿機能の高い保湿化粧品を使うことで肌のバリア機能を高めていきます。アクポレスの口コミ

 

確実に改善するためには皮膚科での治療がオススメです。面皰圧出を行った上で、ホルモン治療を行うことでニキビのできにくい肌質を作ることが最善だと言われています。

黒い部分が気になるからといって自分で芯を抜こうとしたり、潰そうとすると肌に負担がかかって跡になってしまうため行わないようにします。

また、それと同時にホルモンを整えるために規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事などを行っていき予防することも大切です。

 

 

コメントを残す