活性酸素は産業廃棄物?

247811

活性酸素が身体に悪いと言われるのは酸化力を増した時に、細胞や遺伝子を攻撃して傷をつけてしまうからです。鉄が茶色く錆びて脆くなるのは鉄が酸化しているからですが、酸化力の強い活性酸素が身体を攻撃するのはまさに鉄が錆びる現象に似ています。

身体が錆びると言う事は老化する、病気にかかるとも言い換えることが出来ます。この活性酸素はなぜ発生するのでしょうか?

それはミトコンドリアと言うエネルギーを作る工場のような所で、エネルギーを作る際必ず発生します。これはまさに工場からでる産業廃棄物だと言えます。

活性酸素の発生は止めることは出来ませんが、発生した活性酸素を除去する事は出来ます。除去したからと言って老化しない、病気にかからないと言うわけではありませんが、老化・病気に活性酸素が関係しています。除去出来るならした方が良いでしょう。

活性酸素を除去する場合は水素水を飲むことが良いとされていますが、水素水を飲む場合は水素水サーバーランキングなどのサイトを参考にしてサーバーを購入したほうが良いです。特に家族や同居人がいる場合は全員で共有できるので、市販の水素水を購入し続けるよりも金銭的にかなりお得になります。

コメントは受け付けていません。